京都レストランウインタースペシャル

ご挨拶

特別メニューを特別価格で提供

今年も冬の京都の魅力のひとつ、2月限定の食を彩るイベント『京都レストランウインタースペシャル』が開催されます。

今回で第9回を迎える本イベントは、おかげさまで利用者数は右肩上がりに順調に伸びております。前回の実績ではご利用者数20,000名以上、イベント限定メニューの売上げ総額は1億円を超え、過去最高となりました。毎年少しずつではありますが、京都の冬の恒例イベントとして注目されていることを実感しております。

多くの店舗の参加、そして何よりもたくさんのお客様のご利用により、今回も開催できる運びとなりましたことを心より感謝申し上げます。

『京都レストランウインタースペシャル2018』では、長い歴史で受け継がれた老舗料亭の料理から蕎麦やうなぎ、寿司、イタリア料理やフランス料理を代表とする洋食ジャンル、京都人がこよなく愛する肉料理、さらには新進気鋭のイノベーティブと称される斬新な料理、甘味処・スイーツに至るまで、多種多様の名店200店舗が冬の京都の食材を活かし、趣向を凝らしたメニューを2月限定で提供いたします。

また今年は、京都が明治元年から150年の節目を迎えるにあたり、京都市をあげて様々な取り組みを行う一環として、本イベントでも明治時代にゆかりのある店舗にて特別にメニューを再現してご提供いただくことや明治時代建築や伝統などにもスポットを当てるなど、今までとは違う面からも京都の魅力に触れていただけます。

世界的に注目度が高い京都は、外国人観光客もうなぎ登りに増えています。本イベントの公式WEBサイトでも、英語ページも作成し、外国人のお客様も利用しやすくなっております。

ぜひ、お一人でも多くの方々に『京都レストランウインタースペシャル』をご利用いただき、末永く愛される「京都の食」のイベントとしてお楽しみいただければ幸いに存じます。

京都レストランウインタースペシャル実行委員会
委員長 佐々木 邦泰

芸術的な技が生きる“ほんまもん”の料理

本年も「京都レストランウインタースペシャル」の季節がやってまいりました。

9回目となる今回は、過去最高数となる200の店舗に選りすぐりのメニューをご用意いただきました。各参加店舗をはじめ、開催に当たりご尽力いただいた関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

さて、本年は明治維新からちょうど150年に当たります。これを記念し、今回は、明治ゆかりの店舗のご紹介や、明治にちなんだメニューのご提供もございます。お越しの皆様には、美味しい料理に舌鼓を打たれるのはもちろん、これを機に、近代日本の幕開けとなった明治維新に改めて思いを馳せていただければと存じます。

2月の京都は底冷えの寒さで有名ですが、凛とした澄んだ空気が満ちる時期。また、ほかの季節に比べてゆっくりとお過ごしになれる時期でもあります。皆様が各店舗自慢のメニューを存分に楽しまれ、冬の京都でたくさんの素敵な思い出を作られますよう心から願っています!

京都市長
門川 大作